メール内容に困ったとき

近所で出会える6項目の条件をクリアしたサイトのみを案内

 

相手を気遣ったメールのやり取りであればなおさら、メールの内容に困ってしまうということもあるでしょう。
今送ってもいいタイミングなのか、この内容であれば相手に嫌な思いをさせないか、そんなことも考えるでしょう。

 

そんな中でせっかく続いているやり取りを内容が無くなってしまうということがあるかもしれません。
多くの場合には男性側から質問をし、それに女性に答えるという形でメールのやり取りが進んでいくでしょう。
あまり質問攻めもいけないだろうと考えれば、内容が尽きてしまうでしょう。

 

まず、最初から飛ばしすぎないということは言えるでしょう。
一日に一通程度を目安とすることが相手にとっても負担にならず、一気に内容を出し切ってしまうこともないでしょう。

 

質問ばかりでもまた相手のことを疲れさせてしまいます。
そんなに聞きだしてどうするつもりだろうという気持ちにもなるでしょう。
質問には自分のことを書き足してからの質問、つまり自分はこういうことが好きなのですがあなたはどんなことが好きですかといったことのほうが自然です。
一方的に聞きだすようなやり方では恐怖さえ与えてしまいます。

 

話す内容が無くなってしまった時には日常の出来事などもいいでしょう。
今日は天気が良かった、そんな程度では伝える意味はありませんし相手にとっても意味のないことです。
それでもそれになにかプラスをすることでひとつの文章になります。
今日は天気が良かったので電車を使わずに歩いて出勤しました、そして近所の公園を通ったら気持ちが良かったので今度はジョギングでもしてみようかなと考えています。
そんな文章の方が相手も返信がしやすいのではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ