近所での援助交際の危険性

近所で出会える6項目の条件をクリアしたサイトのみを案内

 

援助交際、俗に言う援交とは、言葉が柔らかくはなっていますが売春のことにほかなりません。
売春とは身体を許す代わりにお金を受け取るというものであり、性を商売とすることはモラルに反しそして罰せされる対象にもなります。

 

援助交際の相手が未成年であった場合、その男性の人生は音を立てて崩れていくでしょう。
近所の未成年であった場合にはなおさらです。
もうその土地の近所に住むことなど出来ないでしょう。
現代メディアで取りざたされる事件やニュースの多くに出会い系サイトでの出会いが絡んでいるということはご存知かと思います。

 

そもそも未成年が出会い系サイトを利用できているということが問題です。
出会い系サイトに登録するためには年齢認証が義務付けられています。
その管理が甘いということになり、さらにはその援助交際の書き込みを放置していることも管理の甘さを物語っています。
それこそ悪徳業者である証拠とも言えるでしょう。

 

出会い系サイトを利用した援助交際、未成年との出会いというのはその掲示板に証拠を残した形で進められるでしょう。
援助交際という言葉はもともと売春の隠語であり、現在はその隠語である援助交際の隠語も多く存在します。
しかしその隠語は利用者であれば誰でもわかるような言葉であり既に隠語とはいえないでしょう。
出会い系サイトの掲示板というのは、特定の機関でのチェックが厳しくあることが多いのです。
証拠を残し、援助交際を続け、そして捕まる、よくあることだということを覚えておかなければなりません。

 

しかし未成年だとは知らずにやり取りを続け会うことが出来たら未成年だったということもあるでしょう。
そういった時には大人としてのモラルを忘れることなく冷静な対処をしてもらいたいものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ